スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場の人間関係に馴染めない人へ

-------------------
あなたの人間関係悩み度チェック!
30秒でできるプロカウンセラー作成の心理テストで
あなたも解決への糸口がつかめる。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。

--------------------

職場の人間関係に馴染めない。

こうした相談内容はとても多いです。

馴染めないとっても、その内容もいくつかあります。

その代表的な内容は、次のような内容です。


【職場や周囲に主な原因を感じる場合】

・新しい職場の人間関係の輪に入れない

・上司から責められるなど、関係が良くない

・職場の雰囲気が悪い(陰口が多い等)

・ある一人のせいで、職場の雰囲気が悪い

・嫌な人、苦手な人に接するのに苦労する


【自分自身に主に原因を感じる場合】

・人の目が気になって萎縮してしまう

・人から嫌われないように、周りにいい顔して疲れる

・人が怖い、自分を否定、酷評されることを怖れてしまう

・緊張して言葉が出てこず、話しかけられずにいる

・会話が続かない、言葉が出てこなくなってしまう



中にはこのような相談もあります。

・自分の言動が人を怒らせてしまう(そのように人から指摘された)

・なぜ職場で上手くいかないのかわからない

・雑談が苦手で、休み時間が苦痛

・3人以上になると、途端に喋れなくなる

・職場の飲み会で一人ポツンとなり、つまらないし居たたまれない


このように訴えは様々なんですが、
こうした悩みには、ある共通した問題が潜んでいます。

その問題とは、いったい何だと思いますか?

もしかしたら、既にあなたはお気づきかもしれませんが・・・


最近カウンセリングでは、ある指摘をして、
その指摘に基づいて、あることを職場で試して頂いています。

そして次のカウンセリングをする時までの宿題にするんです。

クライエントの皆さんは、私からお伝えしたその宿題を職場で試します。


その結果、次のカウンセリングでお会いした時、
明らかにクライエントさんの顔つきが変わっているんです。

何かを得たような、何かに気づいたような、スッキリした顔をしてきます。

このアドバイスをすると、かなりの確率で良い方向性が見えてきます。


ただ、、このアドバイスをするには、実はあるタイミングが大事になります。

このタイミングを間違えると、せっかくのアドバイスが生きてきません。

しかし、適切なタイミングでこのアドバイスをすると、
とてもいろいろな気づきをもたらすことがわかりました。


アドバイスされる内容は、実はとても簡単なことです。

ある条件をクリアすれば、誰もがすぐに出来る内容です。

しかし、そんな簡単なことでも、多くの人がそれを見失っています。

目の前の問題、ストレスによって、心の余裕を失っているためです。

落ち着いていればできること、気づけることが、
全くできなくなり、どうにも袋小路から抜け出せなくなります。


挙句の果てには、自分がなんで上手くいかないのか?

そもそも何に悩んでいたのか?すらわからなくなります。

その結果、いたずらに自分を責め続け、うつ病になってしまうケースもあります。


しかし、あることを実行すれば、そうした悪循環から抜け出せます。

それを実行すれば、職場で悩んできた馴染めない、苦痛だといった問題も
非常にクリアになって解決の方向性が見えてきます。


そのアドバイスとは何か?


一言でいうと「視野を広げる」ということです。

何だ・・と思った方。

これは本当に重要なことなんです。



人間は悩むと感情的になります。

感情的になるので、視野が狭くなります。

理性が働き、落ち着いている時には見えることが見えなくなります。

冷静に判断ができるときにはわかることが、わからなくなります。


知らず知らずのうちに視野が狭くなりがちです。

ポイントはこの「知らず知らずのうちに」というところ。

自分では余程のきっかけがない限り、気づけないんですね。

そうこうしているうちに悪循環にはまる。



何度もお伝えしますが、自分が視野が狭くなっていることに気づくこと。

そして、どこに囚われていて、なぜ視野が狭くなってしまったのか?

こうした自分の状態を正確に再認識することは、
うつ病など、悪循環から抜けだす最重要事項といってもいいでしょう。

ヒントにして頂ければと思います。



人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<





仕事の人間関係の悩みを解消

-------------------
あなたの人間関係悩み度チェック!
30秒でできるプロカウンセラー作成の心理テストで
あなたも解決への糸口がつかめる。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。

--------------------

「仕事の人間関係の悩み」

カウンセリングの相談内容として、
仕事(職場、会社)での人間関係の悩み相談が最も多いんです。

仕事の人間関係というのは、
人間関係の中にいろいろな要素が加わります。


それぞれこなさなければならない仕事、責任、役割。

それらがプレッシャーとなり、心の余裕をなくしていく。

そうなると、人によっては他人を尊重したり、
配慮するというところまで気が回らなくなります。


その気が回らない部分、至らなくなるところ、
そこから人間関係の亀裂が生じるというケースですね。

これは実に多くみられる仕事の人間関係の問題です。

こうした問題に対して、多くの人が動揺、混乱を経験します。


なぜ、仕事の人間関係で悩んでいるのか?

カウンセリングが始まると、
問題そのものが見えていないケースも多くあります。

ですから、どう対処すればいいかを考える前に、
なぜ、この問題が発生したのかから考えていきます。

問題の本質が見えれば、対処の仕方がいくつか出てきます。


上司や職場の同僚といった相手の問題性なのか?

いくつかの誤解やすれ違いがこじれてしまった
互いの関係(コミュニケーション)の問題なのか?

クライエント自身の人間観やコミュニケーションのあり方の問題なのか?

職場の規範や文化・歴史・習慣に問題があるのか?

業務の仕組み、仕事の流れに問題があるのか?


多くの場合、上記が複合的な問題となっている。

そういったケースが少なくありません。


また、仕事という正論が、人間関係を崩壊させるケースもあります。

仕事の遂行としては正論でも、人としてどうなのか?

これは極端な表現ですが、そういうケースもありますね。


それだけ、仕事の人間関係の悩みは
「仕事に飲まれているケースが多い」ともいえます。


仕事に飲まれないためには、とにかく冷静になること。

落ち着いて自分自身と周囲を見極められれば、
かなりの問題が解決できることが多いですね。

多くのご相談に対応して見えてきたことです。



人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<





心のゆとり、取り戻そう


こんにちは、鈴木です。


電車に乗っていると感じます。

以前にも増して、
イライラしている人が増えたのではないかと・・・


人にぶつかっても、何も言わない人、
ちょっとぶつかったら、すごく不機嫌になる人・・・

そのつもりでウォッチングしてみると、
やっぱり以前より増えたなあ・・と実感します。


カウンセリングでいろんな相談を受けますが、
相変わらず「職場の人間関係」のご相談が多い。

それで話を聞いてみると、こちらでもいるんですね。

同じ職場にいつもイライラ、不機嫌な人が・・・

そういう人に悩まされているという相談が多いんです。


不機嫌な人というのは、自分が不機嫌だって自覚が薄い。

自分の不機嫌さが周りの人を嫌な気分にさせている。

そういう自覚は更に薄かったりします。


つまり、迷惑行為を直接しなくても、
不機嫌だというだけで、かなり迷惑をかけているんですね。

現に、不機嫌な態度をされて困っているという相談も多い。

それだけ心のゆとりを失った人が増えてきているのかもしれません。


私たちはいつから、そんなに心のゆとりを失ってしまったのでしょう?


一人でも多くの人が心のゆとりを取り戻すには?

これは、今の社会、これからの世の中を考える上で、
ものすごく重要な、大事なテーマになってくると思います。


みんな自分のことで精一杯?

周りの人を思いやる余裕がない?


その人にはその人の事情や理由があるかもしれません。

でも、イライラ、不機嫌という人がもっと増えたら・・・・

やっぱりこれは考えないとならないと思うんです。


心のゆとりとは、周りが与えてくれるものというより、
自分が創造していくものだと感じます。

それは、カウンセリングで多くの人たちと話し合っていく中で、
やはり自らが心がけ、取り組んでいくテーマだと感じたからです。


こう書いている私自身がまず、心のゆとりを今以上に持つ。

これが第一歩かもしれません。



自信養成カウンセラー鈴木が30秒で新たな自信養成の
ヒントを手にする心理テストを無料で提供。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。



自分に自信を取り戻すために、
鈴木は心理の専門家、カウンセラーとして、
様々なサポートを行っています。

>詳細はこちらを<





心を開くための処方箋


【人に心を開けない人が心を開くには】

●対人関係が上手くいかないのは何故か

対人関係に悩む人は、本当は誰よりも人と上手くやっていきたい、
良い対人関係を築きたいと、切望しているものです。

しかし、そういう人が陥りやすいジレンマというものがあるのです。

相手と良い関係を築こうと、一生懸命努力しますが、
何だか相手は自分のことを嫌っているのか、避けているように感じる。

自分は恐る恐る、ビクビクした気持ちを必死に耐えて、
何とか相手を好きになろうとしたり、相手の良いところを見つけようとしたりして、
相手に心を開こうとしますが、何だかシックリいかない。

そんな経験はないでしょうか。


では何故相手がそんな努力をしても、
こちらに心を開いていないように感じるのでしょうか。

もしかしたらそれは、こちらが本当に
相手に心を開けていないからかもしれません。


おそらく、心を開こうとありとあらゆる努力をしていると思います。

しかし「相手が心を開いたら、こちらも心を開くのだが・・・・」
という前提が心の中に存在していたりすると、
その思いはどうしても相手に伝わってしまいます。


人間関係は、こちらが先に心を開かなければ、
相手もなかなか心を開いてはくれないものです。

心を開く順序というものは、あくまでもこちらが先です。


●心を開けない緊張感が相手に伝わる

そして、心を開けないということは、実は相手にしてみれば
「あなたを拒絶します」というサインとして、伝わってしまうのです。

こちらの緊張感が相手にも伝わってしまうので、
相手も緊張してしまうのですね。

そのため、なにか相手もこちらに心を開けなかったり、
親近感が持ちにくかったりしてくるわけです。


つまり、相手のつれない態度も、
実は自分が最初に発した緊張感が原因だったということが
往々にしてあるのです。


心を閉じている状態というのは、
鎧を身にまとっているのと一緒です。

鎧をまとい、刀を差して、「さあ、私に心を開きなさい」と言っても
相手もなかなか思い切り心を開くことはできないでしょう。

鎧をまとった人間に、丸腰になって挑む人はいないからです。


相手を丸腰にさせるためには、
先ず自分が鎧を脱いで丸腰にならなければなりません。


ここで断っておきますが、自分の嫌いな人や、嫌な奴、意地悪な人、
不誠実な人には、無理に心を開く必要はありませんよ。

意地悪な人に心まで迎合する必要なんてありません。

心ある人と心からの交流をしたいものですよね。


●なぜ他人に心を開けないのか?

では、何故他人に心を開けないのでしょうか。

いろいろ考えられますが、主にそれは、
あなたが「傷付きたくない」という思いがある場合です。

今までの人生の中で、心を開く度に傷付けられた経験によって、
心を開く=傷つけられる・・と、無意識に学習してしまった可能性があります。

人に心を開けないのは、そうやって自分を守るため、
生きるためだったといえるかもしれませんので、
正直、無理もない話かもしれないのです。


しかし、学習によって身に付いたことならば、
新しく経験から再学習することは可能なはずです。

自分を変えるというのは、強い意志と、根気が要るものですが、
あきらめずに取り組んで得られたものは、人生の宝となるはずです。


●他人に心を開く方法とは?

人に心を開くためには、その時々での
自分の感情を自覚できるようになることと、
相手をそのまま(正確に)観察する目をもつことです。

自分が相手に、心をどこか開けない「緊張感」を発していないか?

相手は本当は自分のことをどう捉え、どう感じているのか?


そうしたお互いの「関係性」がどのような状態かを
正確に理解する(気づく)ことが、人に心を開くための第一歩です。


そのために、先に書きましたが、
なぜ自分が心を開けないのかを知ることが先です。

様々な経験学習から心を開けないのなら、もう一度再学習することで、
心を開ける自分に変わる(成長する)ことができます。


人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<



自分探しの前にこれ

-------------------
あなたの人間関係悩み度チェック!
30秒でできるプロカウンセラー作成の心理テストで
あなたも解決への糸口がつかめる。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。

--------------------


あなたは「自分探し」というのをしたことがありますか?

本当の自分を探したいと思ったことがありますか?


自分を探すというのは、
人によってニュアンスが違う気がします。

主に「生きがいを感じる生き方を見つけたい」
ということかもしれません。


生きがいを求めるのは、良いことだと思います。

ただ、こうした「生きがい探し」で
気をつけたいことが2つあります。


一つは、今の自分を置き去りにしないということでしょうか。

今の自分は仮の姿で、本当の姿は別にある・・
と思うと、上手くいきません。

どうも今を(今の自分を)否定するところからは、
あまり物事上手くいかないことが多いようです。


もう一つは、今を真剣に生きない限りは、
未来にも生きがいはないということ。

生きがいというのは「生きる甲斐がある」ということ。

今を一生懸命、真剣に生きるからこそ、
少しずつ感じられるようになることだと思います。


青い鳥を求めて、今に目をつぶらない方が、
きっと「生きがい」を感じられるようになります。

今が(ここが)自分の居場所、今を味わおうという気持ちですね。

そう決めてしまうと、気持ちが楽になります。


何も大そうなことをする必要はありません。

自分にできること、目の前のことでいいと思います。

ただ、それを丁寧に、というか丹念にやってみる。

それだけでも、気持ちが前の方に
グッと向いてくるように思います。


人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<





心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。