スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■うつ病と復職の事例

たった30秒でできる鈴木の悩み別 無料心理テスト&診断はこちら


「私はのめり込んでしまうので・・・」



クライエントのKさん(30代後半の男性)

うつ病で半年ほど休職。

復職してすぐ、私とカウンセリングを。





システムエンジニアのKさん。

カウンセリングは半年ちょっと続けました。

その途中でこう証言したのです。




「私は仕事をしていると、途中からのめり込んでしまう」

「PCに夢中になって向かい、気がつくと数時間」





フッとした拍子にKさん。

一つのことに夢中になってしまう。

のめり込み方が尋常ではないと言います。




Kさん、過去にうつ病を再発させたとのこと。

発症直前は仕事に没頭し過ぎていたといいます。

半ば強迫的に仕事モードになってしまったのかもしれません。





「両肩が耳の所まで上がってますよ」


PCに向かっていると、こう言われたそうです。

職場で背中から声をかけられたKさん。





そんなKさんも、自分の傾向性に気づいていきます。

少しずつ自己コントロールを意識し始めます。

物事の捉え方にも幅が出てきました。



柔軟性も徐々に出てきたKさん。

人間関係の距離の取り方もわかっていきました。





カウンセリングでも変化が見られました。

初めは自分の話を一気に数十分話し続けていたKさん。

3カ月後には、話す時間も少しずつ短くなりました。





自分の傾向に一つ一つ気がつく。

その度に表情や語りが穏やかになっていったKさん。





うつ病は心の病。

きちんと精神科に通院し、薬による治療が必須。




ただ、その人の傾向性がうつを引き起こしやすい。

そういう要因がある人もいます。




こういう場合は、お薬と心理療法を併用。

カウンセリングもその一つの有効な治療法。

自分の傾向を知ることで、再発予防にもなります。




仕事がしやすい人間関係をつくり
職場のストレスを徹底排除したい方
50分8000円の相談が今なら30分無料


鈴木の無料相談はここをクリック。

無料メール相談もOK
office@counselinglife.com


携帯電話からの相談はここ


あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ

人気ブログランキングへ








スポンサーサイト

うつ病 カウンセリングQ&A-9

あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ

Q9.カウンセリングを申し込んだ後、やはり受けるのを止めようと思います。キャンセルはできますか?

料金の入金前ならば、その旨をご連絡ください。
入金後のキャンセルについては、なるべくご遠慮願います。

それから申し込んだまま、何の連絡の無い方がいらっしゃいますが、キャンセル等の連絡は、必ずメールか電話でお願いします。

入金後、キャンセル等の連絡が一か月以上無い場合は、全額キャンセル料として頂戴します。

ちなみにこうした事務手続きをいい加減にする人はほとんどいらっしゃいませんが、このあたりを非常にいい加減にされる方は稀におり、この調子で人間関係や仕事などを万事済ませているのだとしたら、その人の立ち直りの危うさを物語っているといえるかもしれません。

うつ病チェック・うつ病克服のために心理カウンセラーがさらに情報発信!
ケータイ公式サイトはこちら
公式ウェブサイトはこちら



人気ブログランキングへ


うつ病 カウンセリング Q&A-8

あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ

Q8.カウンセリングを継続して受けたいのですが、どの位の間隔(日数)を空けるのが良いのでしょうか?

通常、カウンセリングというのは、一回に50~60分、そして、一回一回の面接日は、一週間ほどの間隔で行うのが良いとされています。

それは、カウンセリングというものは、面談している時だけでなく、会っていない時間も続いていて、面接が終わって次の面接までの時間にさまざまな出来事、変化が起こる。その変化も、カウンセリングに影響を与える
からです。

そして、その間隔は、一週間が最も生きた時間になると考えられているわけです。

面接と面接の間にいろいろなことを経験したり、考えたり感じたり、なにかに気づいたり、何かを振り返ったりする。その期間が一週間あれば一番生きたものになると考えられているからです。

しかしながら、それは、クライエントの日常生活その他の事情を無視して言えることではありませんので、一週間というのは、あくまでも一つの目安としてお考えください。

私のクライエントの方の中には、月1回ペースの方もおられます。

つまり、大切なことは、面接と面接の間の時間を大切に考えていく(扱っていく)ということだと思います。

うつ病チェック・うつ病克服のために心理カウンセラーがさらに情報発信!
ケータイ公式サイトはこちら
公式ウェブサイトはこちら



人気ブログランキングへ


うつ病 カウンセリング Q&A-7

あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ

Q7.カウンセリングを受けるには、どうしても名前や住所、電話番号を書かなければだめですか?

面談カウンセリングにおいては、お名前は必ず頂戴することになっています。

カウンセリングは、一対一の人間関係ですから、名前を知らないままに面接をするというのは、やはりとても不自然なことであると思います。

また、お互いに、どうしても急に都合がつかなくなった場合のことを考えると、やはり連絡の取れる体制は、どうしても整えておかなければなりません。どうぞ、ご理解ください。

ですので、ハンドルネームなどでのお申し込みは、一切受け付けておりません。

追記:おそらく、「面談という場も匿名で・・・」という感覚では、カウンセリングは上手くいかないでしょう。

全ての人がというわけではありませんが、そうした人の根本にあるのは、強い人間不信だからです。

あるレベルまでの信頼関係が築けなければ、カウンセリングは失敗
します。

カウンセリングに限らず、世間一般の面接や面談を匿名で行うということは常識では考えられないでしょう。

面接の基本は「お互いのことを良く知る」ということでもあり、また「お互いのことをより理解しあう」ということでもあるからです。

うつ病チェック・うつ病克服のために心理カウンセラーがさらに情報発信!
ケータイ公式サイトはこちら
公式ウェブサイトはこちら



人気ブログランキングへ


うつ病 カウンセリング Q&A-6

あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ

Q6.カウンセリングでは、怒られたり、嫌なことを根掘り葉掘り質問されないでしょうか?

その心配はありません。

カウンセリングでは、クライエントの方のお話をとにかくじっくりと
伺います。

決していきなり怒ったり、詰問したり、お説教したりはしません。

なぜならば、そのような行為が、問題解決には、ほとんど有効ではないことを知っているからです。

以前私のクライエントの方で、他のカウンセリングルームで、自分の親子関係のことをしつこく何度も質問されて、とても嫌な思いをしたと打ち明けてくださった方もいらっしゃいましたが、カウンセリングというのは人間関係を結ぶことともイコールであると考えますので、そういった詰問は、ほとんど意味の無いことだと私は考えています。

カウンセリングで、カウンセラーが努めて心がけていることは、クライアントの方のお気持ちや悩みに共感的理解をすることと、それを言葉によってクライアントの方に適切に伝えるということです。そして、また、クライエントに対して、肯定的な気持ち(配慮)をもって接していくということです。

うつ病チェック・うつ病克服のために心理カウンセラーがさらに情報発信!
ケータイ公式サイトはこちら
公式ウェブサイトはこちら



人気ブログランキングへ


心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。