スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間関係を改善するには

-------------------
あなたの人間関係悩み度チェック!
30秒でできるプロカウンセラー作成の心理テストで
あなたも解決への糸口がつかめる。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。

--------------------


「人に迷惑さえかけなければ、
人間関係は上手くいくものだと思っていました」


カウンセリングで、ある方がおっしゃっていた言葉です。

そうなんですね。

人間関係は人に迷惑をかけさえしなければ上手くいく・・・
というわけにはいかないんですね。

そこが人間関係の難しいところでもあり、
また面白いところでもあるんです。


人間関係が上手くいくには、
上手くいくように人間関係を結ぶことが必要になります。

つまり、人間関係を良くするためには、
人間関係が良くなる法則性に対する理解が必要です。

また、人間関係が良くなるような態度を取って、
良くなるような働きかけをする必要があるわけです。


迷惑をかけないよう心がけることはもちろん大切です。

しかし、プラスアルファとして付き合い方の
「智慧」みたいなものも必要になるんですね。


幸せな生き方も同様で、幸せになるような生き方を日々選ぶことで、
初めて幸せを実感できるようになるわけです。

カギを握るのは「プラスアルファの智慧」ですね。


人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<






スポンサーサイト

人の目を気にしない秘訣

-------------------
あなたの人間関係悩み度チェック!
30秒でできるプロカウンセラー作成の心理テストで
あなたも解決への糸口がつかめる。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。

--------------------


「人の目が気にならなくなるには?」

これはずばり!何かに打ち込むことですね。

人の目が気にならなくなるくらいにです。


そもそも、「自分にはこれがある」という
そういうものがある人は、人の目が気になりません。

打ち込めるものがあれば、
気持ちがそれに「一つ」になるからです。


人の目が気にならなくなるには、
「気にならないようにしよう」ではなく、
「打ち込めるもの」を追い求めることです。



人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<






成長できる人、できない人、その違いは?

-----------------------------
●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
-----------------------------


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。



「成長する人、しない人、その違いは?」


実はこれは言葉にすると意外にシンプル。

言葉にする分には、それほど難しい話じゃないんです。


つまり、成長する人というのは、
次のような特徴があるんですね。


「現実から自分を見つめられる」


成長・変化できる人は、常に自分を知ろうとします。

自分の内面(感情・思考)と外面(態度・言動)について
正確に把握しようとします。


また、自分の内面と外面が
人にどんな影響を与えているか。

こうした「現実」にもオープンであり、
そこから人への接し方も考えます。


成長・変化できる人は、
こうして現実を味方にしてしまうんですね。


なぜなら、物事を正確に認識し、受け容れると、
そこから適切な判断ができるからです。

様々な事態に適切な判断ができるようになると、
私たちはより気持ち良く生きていけます。

余計はトラブルやストレスも排除できます。


カウンセリングに来られる相談者の皆さんは
こうした変化を経験し、成長の手応えを得ています。


■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら


たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐここをクリック
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。










自分を知ると人間関係が良くなる

-----------------------------
●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
-----------------------------


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。



「自分が何を発しているか」


私たちは自分が発しているものに鈍感です。

自分が発した言葉、やっていること、態度、雰囲気。


人からみると「こう見える」という見え方が
自分ではわからない、気がつかない。

そういうことが往々にしてあります。


私自身も人から指摘されて
「えっそうなんだ?」と思うことも。


そこで考えた方がいいと思うことがあります。

それは、自分が発している気づかないものによって、
人間関係がどう影響されているのかということです。


自分は「こういうつもり」でやっていたことが、
相手からは全然違う映り方になっている。


逆にいえば、そこに一つでも二つでも
気づけるようになると、いろいろなことが見えてきます。


半ば無意識に発しているもの。

それが言葉や態度、雰囲気であるわけですが、
それらがどう影響を与えているのかを知る。

これは人間関係を考える第一歩になりそうです。


■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら


たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐここをクリック
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。







人を動かすのに大切な要素

-----------------------------
●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
-----------------------------


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。



「人の心を動かすもの」



人間にはおもしろいところがあります。

人から「こうしなさい」と言われたことよりも、
自分で「こうしよう」と思ったことの方が上手くいく。

そういうおもしろいところがあります。


人から「こうしなさい」と言われて上手くいく。

そういうときは、言ってくれた人と
深い信頼関係がある場合です。

もしくは、言ってくれた人に対して
尊敬の念をもっている場合です。


つまり「何を言われたか」ではなく、
「誰に言われたか」という問題になります。



仮に、その言われたことが実に的確であったとします。

その場合でも、言ってくれた人が
どんな人だったかということが重要です。

また言ってくれた人との関係が
どういう関係性だったかということが重要です。


つまり、どんなに正しく、適切なことを言われても
その人に対しての信頼感が今ひとつであれば、
なかなかその進言も受け容れられない。


これが人間のおもしろいところです。


「何を言ったかではなく誰が言ったか」


こういうところがわかってくると、
人間関係の築き方にも幅が出てくるようです。


■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら


たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐここをクリック
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。












心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。