スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性が望む人間関係

-----------------------------
●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
-----------------------------

改めて学んでいる
ビジネスマンの心サポーター鈴木です。


先日ある女性起業家とお会いしました。

成幸プロデューサー&V字回復コンサルタント
大前美翔さん


今回お世話になるプルミエール倶楽部
お仕事の打ち合わせです。

そこで長時間にわたり、
いろいろなお話を聴くことが出来ました。

その中で「女性とは」というお話も。

大前さんがおっしゃるには女性は
理屈でこられると冷めてしまうとのこと。

それよりも、自分をどう見ているか。
自分のことをどこまでわかってくれるか。
そこを観るのだといいいます。


ああ、これはね、男性諸氏に向けての話です(^^;


なるほどと思いました。
私も女性とカウンセリングをしていると
同様のことを感じるからです。


つまり、女性は情緒的な交流が上手です。
あるいは、情緒的交流を大切にします。

一方、男性は「納得」という線上が強い。
つまり理詰めでしっかりしたものに得心する。
スジが通っているかどうかで見る傾向があります。


そしてこれで男女がぶつかることがある。
夫婦ゲンカなどはその典型。


夫婦の問題で相談に来られる女性の多くが
こんな風な、悲痛なまでの訴えをされます。

「夫に理詰めで来られると反論する気もなくなる。」
「『お前、さっきはこう言っただろう!』で、私は動けなくなる。」


感情交流が失われる場面ですね。
女性はこう迫られると本当に辛いようです。


私は女性クライエントが多いと以前書きました。
実はそれは小学校の現場でもそうでした。

保護者で相談室に来る多くは母親。
小学校の先生は女性教諭が多い。

こうした背景もあったのですが、
もう一つの理由があります。


相談室に来る児童のほとんどは女子だった。


小学生の年齢だと、女子は精神年齢も男子より上。
そのためか、やはり女子の方が対話を望むのでしょう。
クラス内では、女子の人間関係が複雑なのもありました。


つまり、女性との面接が非常に多かったんですね。
娘のいない私は、実は最初、女子の面接がわからなかった(^^;
そこで、思考錯誤するうちに、わかったんです。

高学年の女子は、大人の女性と同じ。
レディーと接するような感覚で面接すればいい。

これが非常に上手くいったんですね。


そのあたりの面接のコツがわかったあたりから、
女子が相談室に多く来室するようになりました。
それこそ7~8割が女子でしたね。


そもそもカウンセリングは理論じゃない。
理屈とは対極に位置するものです。
情緒的交流が命綱ということです。


カウンセリングでは、感情を大事にします。
表明された感情にはしっかりと応答する
これが基本中の基本なんですね。

だから女性には響くのかもしれません。
小学生にも響きました(笑)


つまり、何が言いたかったかというと、
男性諸氏へのアドバイスですね(^^)

女性は"こころ"を大事にされたい。
そして、自分をしっかりと見ていてほしい。
「ああ、わかってくれてるんだ」が嬉しい。


女性が苦手で嫌う傾向にあるもの。
それは「正しいか間違っているか」と迫ること。

モテる男性は会話にどこか遊びがある。
しっかりした真面目な話にも、ゆとりがある。
そして、相手の女性が"喜ぶこと"を大事にする。

そして何より、相手の気持ちをわかってあげたい。
こういう思いが強い男性は、
女性に受け容れられやすい。

もちろん独りよがりは嫌われる(笑)
相手の女性にこう言わせたら合格でしょう。

「そうなのよ、(私の気持ちは)その通りなのよ」

言わせるというのはいやらしい言い方ですけどね。
自然とこんな反応が生まれる対話を女性は望む。
この表現の方が適切ですね。


大前美翔さん、ご教示、ありがとうございました。


-----------------------------
●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
-----------------------------
あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ

-----------------------------








スポンサーサイト

■女性の職場での悩み


こんにちは。ビジネスマンの心サポーター鈴木です。



ビジネスマンの心サポーターですけど、

実際はOLなどの女性の相談も多いです。

女性の職場の悩みは圧倒的に人間関係。



男性は仕事の悩みもかなり多い。

女性も最近は仕事の悩みも増えてきましたが、

まだまだ人間関係の悩みが多いですね。



職場でコミュニケーションが上手く取れない。

話しかけられる相手がいない。

雑談一つできない職場の雰囲気に息が詰まる。



職場の人間関係がけっこう面倒。

だからランチは一人で済ますという女性も。




ベテランの女性社員に嫌味を言われ悔しい。

上司や男性社員に無神経な言葉を浴びせられ憤慨。

同僚のグループに上手く入れず辛い。




こう考えてみると、職場は人間関係の縮図。

様々な人間模様やトラブルの巣窟。

多くの女性がストレスに悩んでいます。




こういうストレスって、いったいどうすれば・・・・





これは一概には答えは書けません。

職場の状況、その人間関係、組織の風土・規範。

その一つ一つを丁寧に検討していかないと・・・・




いずれにしても、女性の相談、多いです。

女性は本来コミュニケーションが上手。

情緒的交流が男性より長けているんです。




その分、繊細さが裏目に出ることも。

だからイライラしたり、傷つきやすい。




女性本来の対話能力が活かされれば、

職場の風通しも良くなるでしょう。



打てば響くコミュニケーション。

語らずとも察してあげる感受性。



そうした人間関係の機微。

マスターしてほしいと思います。


【飲み会会話術 勉強会】

第2回 「3分で会話が盛り上がる3つのポイント」

日時:7月1日(木)18:00~20:00
場所:CafeMiyama渋谷公園通り店マイスペース第2会議室

参加定員:6名 ※残席1名


第1回 「飲み会で主役になる3つのポイント」

日時:7月14日(水)18:00~20:00
場所:CafeMiyama渋谷公園通り店マイスペース第3会議室

参加定員:6名 

第3回 「立食パーティーで主役になる3つのポイント」

日時:7月24日(木)18:00~20:00
場所:CafeMiyama渋谷公園通り店マイスペース第2会議室

参加定員:6名 


参加費:5000円(居酒屋でのコンサル料込み)
懇親会:勉強会終了後(費用別途で実費)


■お申し込みは下記から
?office@counselinglife.com

件名「第●回勉強会申し込み」
お名前・ご住所・ご連絡先をご明記ください。









心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。