スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顧客よりしゃべり過ぎだと・・・


こんにちは、鈴木です。



お客様と長い時間接触するお仕事の方。

例えば、アロマなどのサロン
治療院や美容院、化粧品販売。

占い・コンサルティング。

不動産、士業関連の方々。



お客様との接触時間が長いということは、
お客様と長い時間会話をしているわけです。


長時間のコミュニケーション。


そこで、気をつけて頂きたいこと。
それは、お客様よりも、
あなたがしゃべり過ぎていないかということ。


ちょっと思い返してみてください。
もしかしたらあなたは・・・・・


しゃべり過ぎてませんか?

こちらの専門知識や情報を伝えたい。
その思いが強過ぎると、しゃべり過ぎてしまう。

だいたい自分の自覚の
3倍~5倍はしゃべってますよ(^^;


私はお客の立場で店員さんや売り手の人たちに、
長い時間喋られて、疲れてしまった経験があります。


逆に、こちらの話を丁寧に聴いてもらえると、
何ともいえない満足感を覚えます。

そうなんですよ。やっぱり
話を聞いてもらえるって嬉しいんです。


この両者を分ける感情を言葉にすると、
次の言葉に集約されてしまいます。


「また来たい!」
「・・・もう来たくないな」


客商売をしている我々はぜひ、
前者をお客様に実感して頂きたいですね。


そのためには、プロカウンセラーが実践する
カウンセリングの傾聴技術が役立ちます。


自分の商売にどう役立つのか?
そのあたりを聞いてみたいという方。


下記からお問い合わせください。
鈴木がお答えいたします。

>ご質問・お問い合わせはこちら<
・件名「顧客リピートについての質問」
・お名前
・電話番号(携帯可)をご記入の上、送信ください。












スポンサーサイト

仕事を「作業」にしない


こんにちは、鈴木です。


「仕事を"作業"にしてはならない」


ビジネスの先生から言われた言葉です。


例えば学生時代。

テスト前に誰かのノートを写すだけ。
これだと作業になる。

でも、出題者の意図はなにか?
これを考えると、目が肥えてくる。



マーケティングでも同じ。

ただ、ブログを更新する。
ツイッターで、とにかくつぶやく。
Facebookでとにかくファンページは作る。


これだと作業になりかねない。
そこに"考える"ということを入れる。


アメブロ内に自分の顧客は要るの?
本当にツイッターで集客できるの?
Facebook が自分のビジネスに重要なの?


ここをしっかりと考える。



やらないよりはまし?




その発想だと"作業"に陥ってしまいかねない。


「エネルギーのかけ方も考える」


この言葉も頂きました。


原点や基本に立ち返る。
改めてその重要性に気づかされる言葉ですね。












お金を払う側になってる?


最近、友人と話していたとき、
斉藤一人さんの言葉について考えました。


「(商売人は)お金を払う側に回ってはいけない」


商売人は常にお金を頂くことを考える。
お客さんになってはならない。



バランスシートの問題・・・・・



・・・だけじゃないですね。



意識と観点の問題です。




プロに徹せよ。
一貫した姿勢を貫け。





そういう意味合いもあるかもしれません。


もちろん、金儲けの亡者になれという
浅はかな言葉ではありません。


お客様のことを常に考え、
顧客目線を忘れずに、
お客様が喜ぶことをいつも考える。


そういうことだと思います。



知恵やアイディア、意識の高さ。
まだまだです・・・・自戒の念もこめて。












起業成功ならこの人の助言を


接客心理コミュニケーション講師の鈴木です。
※プロフィール変えました(^^)


12月に入り、この1年を振り返ることが増えました。

同時に来年に備えて、今何をすべきか?
そんなことを考えて仕事しています。


この1年、私にとっては大きな転機の1年でした。
ビジネス的に勢いのある多くの方々とご縁が出来ました。


ビジネスの先生でもある平賀正彦先生。

『0円集客』の桑原浩二さん。

売らせるコーチングの永澤恵一さん。

行列の出来る治療院の草野先生。

ニッチ集客の河野さん。

独創商品創造塾の井上さん。

ビジネスメールインストラクターの水越さん。

お名刺の高木さん。

出版コンサルタントの山田さん。

不動産相談の達人、杉山さん。

ドリームインテリジェンスの久保さん。

同じく佐々木さん、酒井さん。

私のウォーキングの先生みのわあいさん。

ラストラブレターの横川さん。

V字回復コンサルタントの大前さん。

人材開発コンサルタントの中川さん。

書道家マキコさん。

気象予報士の三浦さん。

転売王の堀さん。

タッピングセラピストの高牟禮さん。

コーチングの西森さん。


・・・・・・・・・・・・

ごめんなさい。書ききれない(^^;


ただ、こうした出会いを得られたのには、
実は秘密があるんですね。


私の影の軍師の存在です。

その方のアドバイスに従って自分を知り、
動き方を知りました。

それはこの方です。

この方のお蔭で私は、
この1年を転機の年に出来ました。


この方のコーチングを受け、
この方からの助言を参考に動きました。

結果、今までの私では考えられない方々と、
暖かいご縁を持つことが出来ました。

来年はこのご縁をさらに広げつつ、
自分のビジネスを更に拡大してまいります。

起業家の皆さんにダイレクトに役立つノウハウ。
起業家の皆さんのマインド養成にも尽力します。


そのためにもこの方のアドバイスを
更に受け続けていきたいと思っています。









知られてない能力開発法


人間関係を良くする心の専門家の鈴木です。


今日は午前中からカウンセリングが入っていて、
麹町(半蔵門)にあるカウンセリングルームにいます。


カウンセリングというと、
よくこんな質問を受けます。


カウンセリングはマイナスをゼロに。
コーチングはゼロをプラスに。


この説明をする人は、本当のカウンセリングや
本当のコーチングを知らないか、経験のない人。


実際コーチングの人に確認しました。

コーチングでも悩みが深かったり、
ネガティブな気持ちと闘っている人はいる。


つまり、コーチングを受ける人にも、
メンタルの問題や、深い悩みを持つ人もいます。


逆にカウンセリングでは、
マイナスをゼロに、さらにプラスに。

そういうケースもあります。

カウンセリングの生みの親。
カール・R・ロジャーズもふれています。

カウンセリングは自己啓発にも活用できると。


自己実現という言葉が、
マズローという心理学者が唱えました。

その自己実現した人をロジャーズは、
十分に機能する人と呼んでいます。

十分に機能するというのは、
精神的な機能を指しています。


つまりは、カウンセリングやグループセラピーによって、
この十分に機能する人が生み出される。

人は、カウンセリングで自己実現を目指せるというのです。

つまり、カウンセリングは心の病のセラピーや、
深い悩みを解決するためだけではなく、
自己啓発にも十分に活用できるということです。


欧米の経営者、起業家に専属のカウンセラーがいるのも、
自分のマインドを高いレベルに保つためです。


ですからもしあなたが、
「自分は悩みはないからカウンセリングは関係ない」
という風に思っていたとします。

それは、かなりの機会損失をしていることになります。


今後私は、経営者や起業家の皆さんに、
こうした自己啓発を主とするカウンセリングを
ドンドン提供していきたいと考えています。


なぜなら、カウンセリングによって、
ある種の自己開発、能力開発が可能となるからです。

つまり、プラスを更に大きなプラスに。
そういうことが十分に可能だからです。


これこそ、日本社会ではなぜか
知られていない能力開発法なんですね。


プロカウンセラー作成の悩み別 無料心理テスト&診断











心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。