スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コミュニケーションと人間関係』人間関係悩み・緊張・あがり症克服コミュニケーション講座-10

人間関係において行き違いなど、関係が悪くなる原因というのは様々です。

しかしこの問題、すなわち関係悪化という問題を考える上においては、自分がどのようなレスポンスや働きかけをしているかという観点から考えることが重要だと思います。

具体的には自分がその場面で、あるいはこれまでに相手に対してどのような言葉を選択し、どのような思いを抱き、相手に対してどんな印象をもち、そして根本的にはどのような人間観を土台にもっているかということになります。

その中で今日ふれたみたいのはどんな言葉を選択したかという点です。

いわゆる「言ってしまった」「言っちゃった」という場面。

これは「よせばいいのに言ってしまった」「思わず言っちゃった」ということになります。

ここまでいかなくても私たちは、自分では意識して言葉を選んで会話をしているつもりでも、実際は自分が自覚しているよりもはるかに無造作な言葉の選択によって会話をしているものです。

これはほとんどの人がといっても言い過ぎにはならないと思っています。

そして「自分は大丈夫」と思っている人ほど、無自覚の選択をしてしまっていると思った方が良いと私は言いたくなります。

現に会話を録音して自分の会話を振り返ると、私が観てきた範囲でいえば、ほぼ100%に近い人たちが、自分が言ったつもりでいることと、実際に言っていることにギャップがあることに否応なく気づかされます。

ほぼ100%に近い人たちといわれると、そんなまさかとか、それはオーバーなのではないかと思われるかもしれませんが、私が観てきた(聞いてきた)範囲に限定するならばそうでしたし、この事実には私も正直驚きました。

録音をしているという前提でなされている会話ですらそうなのですから、これが日常会話で録音して後でチェックするという前提もないところでの会話であれば、なおさらそのギャップは大きいものになっていることが考えられます。

自分が適切な言葉を選択するとか、自分が思っているとおりの言葉を選択するという一見単純そうにみえることが、実は非常に難しいのだという現実が存在するということを、私たちはきっといくら意識し過ぎてもし過ぎることはないのだといえるでしょう。

そしてまた、ここをかなり厳密にチェックしていくならば(実際これはとてつもなく大変な作業になりますが)人間関係やコミュニケーション、つまり会話の技術(スキル)は、少しずつ向上していく可能性が出てくるといえるでしょう。

そういう意味でこちらが参考になります。

続きはこちら(ケータイ版ページ)
続きはこちら(WEB版ページ)


 
   
  
スポンサーサイト
心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。