スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療院のリピートについて


こんにちは、鈴木です。


私は月1回、身体のメンテナンスのため、
治療院に、もう7年通い続けています。


お蔭で体はすこぶる健康で、
健康診断でも、毎回数値は完璧です(^^)


今日は私が患者として治療院で過ごす時間。
そこから感じるお話を、今からちょっと書きます。


治療時間というのは、だいたい1時間はあります。
その間、私は先生とずっと雑談をしています。


治療に関係のある話ももちろんしますが、
それは治療中1時間余りのなかで、こくわずか。


そのほとんどは雑談なんですね。


でも、雑談をあなどること勿れ。


この雑談でのやり取りが、
治療院のリピートにすごく関係すると言う
専門家もいるんです。


身体の不調を訴える人の多くが
メンタル面の不調やストレスを持っています。


治療院での会話というのは、
その精神的なストレスを緩和してくれる
とっても大事な時間になっているんです。


そこで、よ~く話を聞いてくれる。
こちらの話をよく理解してくれる。
気の利いた、心豊かな言葉を返してくれる。


こんな時間は本当に心も癒され、
心身共に疲労から解放される瞬間です。



患者としては、無意識のうちに
「また来たい・・・」という心理が働きます。



何よりも、治療院の先生を
人間的に信頼したくなるのですよ。


私の知っている治療院の先生方は、
実に人間味にあふれる方が多い。


まっすぐな方が多いと感じます。


だからこそ、その人間味を
十二分に治療の雑談に発揮してもらいたい。


そうすれば、
患者さんとの信頼関係が厚みを増し、
「またお願いします」と言いたくなってしまいます。



そのために大事なこと。



そう、聞く力、理解する力。
そして、心豊かな言葉を返す力ですね。


これって、カウンセリングの技術、
そのものなんですね。



身体の悪いところは指摘してもらって、
あとは、自分を肯定してもらいたい。


そんな思いもあるかもしれません。


そうでなければ、患者さんの気持ちの中で、
悪いところがクローズアップされ、
暗い気持ちになりかねません。



身体をメンテナンスしてもらいながら、
心もホッコリする。


それは、そこに
暖かい心の交流があるからですね。













スポンサーサイト

comment

Secret

心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。