スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この困難を乗り越えるために必要なこと

-----------------------------
●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
-----------------------------

こんにちは、鈴木です。


「困難を乗り越えるために」


東北・関東大震災、その後の津波、そして原発。
様々な困難が東日本を襲っています。


このようなとてつもない困難を乗り越えるためには、
人によって状況は違うと思いますが、
基本的に私たちには、いったい何が必要となるのでしょうか?


作家の村上龍さんが、先日、ニューヨークタイムスに
震災を受けて「危機的状況の中の希望」という文を寄稿し、
それがイギリスで評価されているそうです。

下記にその文章が掲載されています。
http://www.timeout.jp/ja/tokyo/feature/2581/


実は私、鈴木は、3月11日の地震のあった時、
村上さんと同じような場所で、
同じような体験をしていたのです。

私もその時、新宿の高層ビルの41階におりました。
そして、大きな揺れの後、
次のような館内アナウンスが流れました。

「このビルは、耐震設計がなされ、安全です」

エレベーターも止まり、非常階段で動くのもまだ危険。
大きな余震が続く中、その場に待機して欲しいというもの。


その時の私の"その場"というのは、41階でした(^^;

正直、不安はありましたし、
「安全です」というアナウンスに対して
一瞬、疑いの念を禁じえなかったことも事実。


しかし、私も村上氏と同様に、
即座に自分のスタンスを決めました。


このビルの耐震構造を信頼しよう。
館内アナウンスの内容を信頼しようと思ったのです。


41階での大きな揺れという緊迫した状況の中、
従業員の方は引きつった笑顔で接していたり、
若い女性従業員は涙をこらえながら対応してくれました。

そんな気丈な対応をしてくれている
ホテルの従業員の誘導・指示を
私はまずは信頼しようと決めたのです。


人間、いろいろなことが信頼できなくなればなるほど、
不安が募り、冷静さも失います。

不安から取る衝動的な行動は、
やはり、いい結果を生みません。


そんな状況にあって、信頼をするということは、
もちろん簡単なことではありません。

しかし、基本的に目の前の人間を信頼していこうという姿勢は、
心に冷静さをよみがえらせ、安定した気持ちを取り戻させ、
強い気持ちと落ち着いた行動を思い出させてくれました。


おそらく今、私たちに問われていることは、
この状況の中にあっても、一つでも
多くのことを信頼することです。


目の前の心ある人の言動を信頼する。
責任をもって発言する有能な専門家の情報を信頼する。
私たちの未来に希望が再び生まれることを信頼する。


これは震災などの困難だけではありません。
人にはそれぞれの困難がおこります。

その人にとっての困難を克服するためにも、
やはりこの"信頼する""信頼される"ということが
やがて大きな力となることは間違いありません。


私も村上龍さんと同様に、希望の種を信じ、
未来に希望があることを信じていこうと思います。



たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐここをクリック
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

■メルマガに登録する

あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ














スポンサーサイト

comment

Secret

心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。