スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人が立ち直るということは・・

-----------------------------
●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
-----------------------------


こんにちは、鈴木です。



カウンセリングで私が実践しているのは
「ひたすら聞く」ということです。


この「ひたすら聞く」ことで生み出されるものは、
世間一般では及びもつかない現象です。


これは「ただ聞く」のではありません。
「ひたすら聞く」のです。

この両者、全然次元が違う話です。


ただうなづいているのではありません。
ただ相槌をうっているだけでもありません。
黙って聞いているだけでもありません。

でも、アドバイスや意見は言いません。
質問もほとんどしません。


とにかく「ひたすら聞く」のです。


すると、クライエントが変わるのです。
人間的に"確かな成長"を見せるのです。


この「ひたすら聞く」その方法を
私はカウンセリング講座でお伝えしています。


追伸:
もう一つ、ヒントです。

人は、何かを教えてほしいわけではありません。
叱ってほしいのでも、褒めてほしいのでも
慰めの言葉が欲しいのでもありません。


では、いったい何を望んでるのか?


人間が望んでいること。



それは、


ただ



「理解されること」そのものなのです。



たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐここをクリック
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

■メルマガに登録する

あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ




スポンサーサイト

comment

Secret

1 ■記事を読んで感じたこと

「あなたの話、よくわかるよ。」
そうアピールすることが、コミュニケーションだと勘違いしていました。
「はい、はい」を連呼したり、上っ面だけで、「そうだね」とか言ってみたりしている自分がいるようです。
自分に焦点を合わせるのではなく、傾聴する。
でも、そこに集中してしまうと、会話の場面では、キャッチバールができなくなる。
車の運転みたいです。法定走行すれば、流れに乗れなくなる。
難しいです。

2 ■Re:記事を読んで感じたこと

>こねこまろさん

コメントありがとうございます。

> そこに集中してしまうと、会話の場面では、
> キャッチバールができなくなる。

実はそこに「本当に」集中できれば、
何も「考えない」で、言葉が出てきます。

本当に傾聴できれば、キャッチボールが出来る。

ところが、聞くことに没頭すると、
返す言葉が出てこないと思っている。

実に多くの人が、このような勘違いをしています。

言葉が出てこない、なんと言っていいかわからない。

これは、まだまだ「聞けていない」証拠です。

全ては聞くことから始まる。
そしてそこには「確かな方法」があります。

心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。