スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それはあなたの主観でしょ?

-----------------------------
●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
-----------------------------


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。



「それはあなたの主観でしょ?」



一般的には「主観」というのは、
物事の判断材料として重要視されないことが多いです。

つまり「客観」の後塵を拝している。


多くは客観的な情報が優先されてしまいます。


何か意見を言ったり主張をする過程で
「それはあなたの主観でしょ?」

そう片づけられることが少なくありませんね。


ところがこの「主観」というもの。
私たちにとって、非常に大事なものである。

カウンセリングではそう捉えています。


つまり、相談に来られた方の話の中で
その人の主観に大いに注目をする。

その人の主観的な経験にスポットライトを当てる。

そしてその主観に解決の糸口を見出す。


この場合の主観とは、
相談者の感情や思考・観念など。


もちろん客観も重視します。
客観的な理解をカウンセラーが持つことも重要。


しかし、それ以上にカウンセラーは
相談者の「主観」を重視します。

これが「共感的理解」と呼ばれるもの。


私たちが何か困ったとき、
私たちの主観的な感情に、その要因がある。

だから、その主観の世界をとことん明らかにする。


相談者が主体的にその作業に取り組むのですが、
カウンセラーがその補助に入るわけですね。


そして双方の注目すべきは、事態の客観的な要素と
相談者の主観的な要素です。



通常はないがしろにされやすい主観。
そこを逆に重視できる。

それがカウンセリングの強みであるわけです。


もっといえば、そもそも主観の理解がなければ
客観的に物事の全体を理解することはできません。





たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐここをクリック
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

■メルマガに登録する

あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ








スポンサーサイト

comment

Secret

心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。