スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部下・生徒・子供の指導法

-----------------------------
●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
-----------------------------


こんにちは、鈴木です。
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。



「自分がしたことに注目する」



人間関係を良くし、トラブルを防ぐ。
そのために重要なことがあります。

それは、人がしたことではなく、
自分のしたことに注目することです。



相手が自分に何を言ったか。
相手が自分にどういう態度を取ったか。


ここにばかり焦点を当てると、
相手への不満が募ります。


相手が自分に何を言ったかではなくて、
自分が相手に何を言ったかを省みる。


相手が自分にどんな態度を取ったかではなく、
自分が相手にどんな態度を取ったかを省みる。


学校の先生であれば、生徒が何をしたかではなく、
先生自身が生徒にどう対応したかを振り返る。


親であれば、子どもが何をしたかではなく、
子どもに自分が何をしたかを振り返る。


上司であれば、部下がどう動いたかではなく、
上司として部下にどう接したかを省みる。



・・・そして・・・・・




カウンセラーであれば、クライエントが・・ではなく、
自分がクライエントにどう対応したかを検討する。


ここにコミュニケーション改善の
大きな大きなヒントが眠っていますし、
互いの成長のカギが見つかります。



■鈴木への直接相談(カウンセリング)はこちら


たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐここをクリック
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。










スポンサーサイト

comment

Secret

1 ■疑問に思いました。

この振り返りとは、相手が親であったり、お客様であっても、当てはまりますよね?

立場が上だから…とか、指導だから…とかではなく、どう接したか…という事でしょうか?

不思議ですが、そんな気がします。

2 ■Re:疑問に思いました。

>d.sさん

そうです。
誰にでもあてはまります。

ある意味で上のお立場にいる方は「特に」ということになります。

心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。