スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病患者の家族・周囲の葛藤

あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ

「うつ状態のときには、脳内の神経と神経を結ぶセロトニンやノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質が減少していることがわかっています」
~「うつ」を治す~ 大野裕 著 より


自分を責める、様々なことを悲観的に訴える。

これはうつ病の一つの症状です。

ところが、家族や周囲の人たちからすれば、病気の症状の一つだと受け取れない。

だから「精神的に弱い人間」と映り、心ない言葉をつい投げかけてしまう場合があるのです。

うつ病の人間も苦しいですが、周囲の人たちにはそうした葛藤や苦労があるのだということも理解したいものです。

うつ病患者の家族の方々にすれば、たとえうつ病の症状だと頭では知っていても、気持ちの上では受け止められずにいるとなると、つい「もっとしっかりしてくれ」「いい加減にしてくれ」と言いたくなるわけです。

しかし、それが不適切であると知っているだけに、ストレスも大きいし、言ってしまったことを後悔すもします。

つまり、「そういう言い方をうつ病の人にしてはいけません」ではなく、「わかっていても、つい言ってしまったわけですね」というような家族や周囲の心情の理解も必要なわけです。

プロカウンセラー作成のあなたの悩み別 無料心理テスト&診断入口

また、鈴木へ直接相談してみたいという方、パソコンの方はこちらから、携帯電話の方はこちらから詳細をご覧になれます。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

comment

Secret

心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。