スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンセリングの可能性について

-------------------
あなたの人間関係悩み度チェック!
30秒でできるプロカウンセラー作成の心理テストで
あなたも解決への糸口がつかめる。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。

--------------------


こんにちは、鈴木です。


「心理学は何のために学ぶの?」


あなたは心理学を学んだことがありますか?

もし学んだことがあるとすれば、
何のために学ぼうと思いましたか?


私は心理学というのは人の心を
操作するために学ぶのではないと思っています。

相手の心を読み取るのも、
こちらの意のままにという目的ではなく、
あくまでも相手の気持ちを考えるため。

つまり、一言でいうと、気配りや配慮のためです。


人の心を知るとか、自分の心を知る。

それはそもそも、人が
幸せになるためではないでしょうか?


話が大きくなりますが、心理学の研究は、
やっぱり人類の幸せのためであって欲しい。

相手の心をコントロールするとか、
こちらの利のためにという目的ではなく、
やっぱり相手の幸せ、自分の幸せのためであってほしい。

心理の仕事に携わる一人として、
鈴木はそんな風な願いをもっています。


カウンセリングの創始者、カール・R・ロジャーズ。
彼は、カウンセリングをセラピーの
一つのあり方として世に提唱しました。


そのロジャーズは、治すとか改善するということよりも、
相手をひたすら理解するということを強調しました。

相手に問題を気づかせるとか、教えるとか。
そうではなく、相手を理解せよ。

それがロジャーズの強調したことの一つです。


私はロジャーズの文献にふれた時、
この考えに深い共感を覚えたものでした。

私自身の価値観に見事に符合したのも一因ですが、
ロジャーズが持った、人間信頼の深さに
感動すら覚えたものでした。


世の中にはたくさんの心理療法やセラピーがあります。
それぞれに良さがあり、素晴らしさがあります。


私はその中で、ロジャーズの人間観や
心理療法の捉え方に、正直、惚れこみました(^^)


私がカウンセラーとなり、ロジャーズのカウンセリングを
未だに検証し続け、実践し続けているのは、
ロジャーズの限りない人間信頼を信頼したいからです。


治そうでもなく、気づかせようでもない。
教えようでも、説得しようでもない。

相手を限りなく信頼し、どこまでも理解に徹する。
その結果として、相手の精神的な機能が
十分に機能するようになっていく。


このロジャーズの世界観に
私はどこまでも賭けてみたい心持ちなのです。


人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<














スポンサーサイト
心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。