スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間関係の悩み解消プロセスとは?

-------------------
あなたの人間関係悩み度チェック!
30秒でできるプロカウンセラー作成の心理テストで
あなたも解決への糸口がつかめる。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。

--------------------



こんにちは、鈴木です。



「自分のことをどう思ってる?」



あなたはあなた自身のことをどう思っていますか?
心の底で自分自身のことを、どんな人間であると思っていますか?


これ、意外にふだん、意識していないことが多いんです。
私の経験をちょっとお話しますね。


先日、あるセッションを受けてきました。
そのセッションにより、自分自身を内省する機会を持つことに。


自分の内面を見つめていく中で、いくつかの感情に気づきました。

その感情があることは、ぼんやりと自覚していましたが、
今回は鮮明に意識化できたことで、ずいぶんと自分の方向性が見えてきました。



例えばあなたが自己否定的な感情を抱えていたとします。
「こんな自分なんて」「自分はダメな人間だ」


こうした感情をベースに持っていると、やはり何事も否定的な反応になりがちです。

仕事を任されても「こんな自分に出来るんだろうか?」
誰かに褒められても「きっと社交辞令だ」「本当の自分はそんなじゃない」
何かにチャレンジしようと思っても「どうせまた失敗する」


ところが、私たちというのは、こうした感情をめぐらしているということに、
意外とはっきりは自覚できていないものなのです。

当人はわかっているつもりでも、ぼんやりとわかっているのと
はっきりと(鮮明に)自覚(意識化)できているのとでは、
思った以上に行動や思考に影響の差が出るんです。


ここでよく焦って悪循環に陥るパターンは、
自己否定感をすぐに肯定的なものに入れ替えようとするパターン。

あなたも覚えがありませんか?

前向き、建設的、肯定的な感情や思考は
明るく楽しく生きていくためには必要ですが、
やっぱり順番としては、先ず「知る」「気づく」が先。


「自分のことをダメな人間だと常に思っていたんだ」
「こんな自分は人に知られたくないと隠そうとしていたんだ」
「本当の自分を知られたら呆れられると思って警戒していたんだ」
「自分はまた失敗したくないとずっと焦っていたんだ」


先ずこうした自分自身の捉え方(自己概念)に気づくこと。
はっきりと自覚(意識化)することが先決です。

こうした否定的な自己概念に気づくということは、
その自己概念をちょっと冷静に外から眺めていることになります。

家の全体像は、家の中(屋内)にいるだけでは見えません。
でも、一歩家の外に出ると、その全体像を認識できますよね。

自己概念の認識もこれと同じです。


そして全体像を少し冷静に眺める(自覚する)時、
私たちは、この全体像をどう捉えようか・・・と考えます。

全体像を見て、何かを感じるものなんです。


「こんなに否定的に自分を見ていたのか」
「自分をここまで隠そうと必死になっていたのか」
「自分は失敗をこれほどまでに恐れていたのか」


ここで大事なポイントになることがあるんです。

何だと思います?

それは上記の表現でいえばここです。

「こんなに」「ここまで」「これほどまでに」というところ。
そう、重要なのは、その程度(どれほどなのか)に気づくことなんですね。


自分はどれほど自己否定的であったのか?
どんなに自分を窮屈にさせていたのか?

こうした実感が、あなたの感情に刺激になり、
心が動いたり、行動を変えようと思ったりする契機になるんです。

この感覚、おわかりになりますでしょうか?
ものすごく重要なポイントなんですね。


私はカウンセリングで、クライエントの方から、
このような「程度」を表す表現が出てきた時、
その表現をしっかりと押さえて言葉にしています。


例えば

「結局私は、自分に相当自信を無くしていたようです」


こういう表現をされた時には、

「ご自分で思った以上にかなり自信を無くしてたということですね」


ポイントは「相当」を「思った以上にかなり」で返しているところ。
「相当」とそのまま返してもいいのですが、
ここはそのままではなく、表現を変えた方が生きた表現になるところです。


この「思った以上にかなり」がクライエントにシックリいくものなら
「ええ、そうですね、これじゃあ何事も上手くいくわけないですし・・・」
と、更に自己洞察が進んだりするわけです。



こうして自分の内面に向き合っていくことで、
「それでは何とかしなければ」という気持ちが起きてきます。

そこで初めてその人は、建設的な自己概念を模索し始めるんですね。



人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<











スポンサーサイト
心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。