スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑談上手になりたい方


たった30秒でできる鈴木の悩み別 無料心理テスト&診断はこちら


「職場の昼休みが苦痛で・・・・」



クライエントのNさん(20代男性)

Nさんは職場の人間関係が悩み。




事務的な会話なら困らない。

でも、雑談になると、上手く話せない。

だから昼休みなのに、ちっとも休まらない。





昼休みが休まらない。

冗談のように聞こえるかも知れません。

でも、Nさんにとっては毎日のこと、切実です。



雑談や会話が苦手だという人。

“話せるようになりたい”と訴えます。




気の効いた話や受けのいい話。

それさえ話せればと思うようです。








しかし・・・・・









実はそれは間違いなのです。

なぜだと思いますか?




業務上の話だとなぜ困らないのか?

予め伝える内容が決まっているからです。

「コピーを何部」とか、「点検終了しました」とか。






でも、雑談は違います。

予め話す内容が決まっているわけじゃない。

自分で能動的に会話をしなければなりません。





だから気の効いた会話が必須と思うのでしょう。

でも、気の効いた会話だけでは上手くいきません。




なぜか?





雑談は自己表現を伴うから。




雑談はパーソナルな側面を打ち出す必要が出てくるからです。

「私はこう思う」「私はこう感じる」

だから自己表現が苦手なあなたは困るのです。





自分を打ち出すことに抵抗がある。

自分に自信がないから打ちだせない。

そんなあなたにとって、雑談は苦痛なのです。





なぜって、自分を否定されることを怖れるから。

自己を打ち出して、否定されることが嫌だから。





だから雑談が苦痛でしかなくなるのです。

休み時間なのにちっとも気が休まらないのです。








では、どうすればいいのか?








どうして自己を否定してしまうのか?

なぜ「自分なんて・・・」と思ってしまうのか?

ここにしっかりと向き合うことが必要になります。




自己否定の真相に気づく。




自分はダメな人間だと思う。

こんな自分を知ったら、人は呆れるだろう。

だから、本当の自分なんてとても見せられない。





そうなると次の二つを選択します。



1)本当の自分を隠して、良い人を演じ続ける。

2)ひたすら自分を閉ざして、人との接触に消極的になる。





どちらもやがて行き詰ります。





ここから抜け出すには、自分自身の洗い直し。

これしかありません。





ただ・・・・





自分と向き合うってすごく難しいんです。

一人では上手くいかないことが多い。



もしそうなら、一度ご相談ください。



仕事がしやすい人間関係をつくり
職場のストレスを徹底排除したい方
50分8000円の相談が今なら30分無料


鈴木の無料相談はここをクリック。

無料メール相談もOK
office@counselinglife.com


携帯電話からの相談はここ


あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

comment

Secret

心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。