スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空気を読める人、読めない人、その違いはいったい何?

-------------------------
■あなたのストレス、メンタルヘルスのチェックに
鈴木の無料心理テスト【診断付き】
-------------------------


「空気が読める人、読めない人、その違いは?」



今日は爆弾発言をします(^^;





これを聞くと、「え?」と驚かれるでしょう。

「なに言ってるの?」とあきれるかも。

でも、ものすごく重要な爆弾発言。






それがこれです。








「心理学を勉強しても、空気は読めない」




どういうことかわかります?




ご説明します。





心理学といってもいろいろありますよね。

学問的な○○心理学はもちろんです。

心理療法と呼ばれる領域もそう。






これを学問として勉強しても、

空気は読めるようにならない。

頭で勉強するだけじゃ役に立たないんです。






じゃあ、空気を読むってどういうこと?

どうすれば空気を読めるの?










答えはこれ。










アンテナを磨くこと。

そして、空気の読み方を知ることです。




アンテナを磨くとは、感受性を磨くことです。

小さなシグナル、微妙なニュアンスや変化。

それを見逃さないということですね。



続いて空気の読み方を知る。

そのシグナルや変化が何故出てきたのか。

どんな意味を含んでいるのかを理解すること。






例えばこう。





学校から帰ってきたA君。

ランドセルを放り投げ、吐き捨てるように一言。



「T君なんて、もう、死んじゃえばいいんだ!!」




さて、あなたならA君にどんな言葉をかけますか?





「死んじゃえなんて言うもんじゃないわ」なのか。

「どうしたの?なにかあったの?」なのか。

※鈴木はこういう応え方はしません。





とっさのレスポンス、どう応じるか。

これが空気を読む力です。

つまり、アンテナを研ぎ澄まし、その心を読む。





これ、心理学を勉強しただけで出来るでしょうか?

心理学の先生が、意外にアンテナも読み方も疎い。

そんな事実も少なくなかったりします。




とっさの反応。

それが人間関係であり、あなたが毎日行っていること。



ここから出発すれば、

きっとあなたも空気が読める人になれます。


プロカウンセラー作成鈴木の悩み別 無料心理テスト&診断

仕事がしやすい人間関係をつくり
職場のストレスを徹底排除したい方


■たった30秒で悩み解決!無料心理テスト
心理テストはこちら




あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ













スポンサーサイト

comment

Secret

心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。