スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスの人間関係の極意

-----------------------------
相手に自分がどう思われるかを気にする前に
自分が相手をどう思っているかを考えよう。

人間関係は自分を認めてもらうものではなく
相手を理解するためにあるものだと考えよう。



●鈴木の無料相談はこちら
※今なら対面50分10000円が電話で30分無料!
-----------------------------


ビジネスマンの心サポーター鈴木です。

プロカウンセラーの人間関係の極意。
ビジネスの世界でも生かせる極意です。

鈴木の極意とは、これ。


来るものは拒まず、去る者は追わず。


これ、実はカウンセラーとしての大事な姿勢。
この姿勢を貫くことで、依存関係を生まない。
そして、人を育てることにもつながる。


カウンセリングでは依存心が強い人もいます。
そういう人には、この姿勢が大事です。


私がこの姿勢で座っていれば、
言葉に出さなくても相手はこう感じます。


「自分の問題は自分が主体的に解決しなきゃ」


カウンセリングは自分の問題を
自分が主体的に解決するための
一つの補助的な場なんです。

だから「何かアドバイスないんですか?」という
依存的な姿勢に、私は動かないことにしています。

なぜなら、そういう依存的な姿勢に対して
どんなアドバイスも生きることはないから。


そしてこれはビジネスでも同じ。

最近はいろいろプロジェクトを仕掛け、
人と組んでビジネスを発展させる。
そういう動きが活発です。

しかし、そもそも引き上げるって難しいんです。

引き上げるといよりも、人を育てる。
この発想が大事だと思います。
ビジネスの発展には、人間的な成長が欠かせないから。


そして人を育てる時にすごく重要な姿勢。
それが“来るものは拒まず、去る者は追わず”

人間関係の良い距離の取り方は
この言葉に凝縮されています。



●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断


●悩み・問題を整理し、気持ちを楽にする
プロカウンセラー鈴木の無料相談
詳細はここをクリック




あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ









スポンサーサイト

comment

Secret

心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。