スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間関係が得意になる2つの秘訣

-------------------
あなたの人間関係悩み度チェック!
30秒でできるプロカウンセラー作成の心理テストで
あなたも解決への糸口がつかめる。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。

--------------------



こんにちは、鈴木です。


いきなりですが、質問です(^^)
あなたは、次の2つのどちらかに当てはまりますか?


1)初対面の人との会話が苦手

2)少し関係が出来た相手との会話が苦手



さて、あなたがもし、どちらかに当てはまるか、
どちらにも当てはまるというのなら、ここから先は重要なお話です。


この両者について、苦手意識が消え、得意なことに変わるカギを、
端的に、ものすごくわかりやすく書きますね。


1)の人も2)の人も、先ず、自分が相手からどう見られるか。
このことがとても気になってしまいます。

相手から否定的に見られてはいないだろうか?
相手の気分を自分は害していないだろうか?

つまり、自分が相手からどうみられるかと
自分が相手にどういう気持ちにさせているかが不安なのです。


では次に、1)と2)の違う点はなんでしょうか?


1)初対面の人との会話が苦手

初対面の相手の存在が、自分にとって脅威になっています。

それは、相手が自分を否定的に見るのではないかという思いが、
ことのほか強くなっているからです。

自己否定感もあります。
心理状態としてはものすごく緊張した状態ですね。


2)少し関係が出来た相手との会話が苦手

こちらの場合、相手が自分にとって、それほど脅威にはなっていません。
しかし、カギを握るのは自己開示です。

自己開示とは、自分の気持ちなど、自分自身を相手に表現すること。

初対面の時は、自己をクローズにして関われば、
それなりに会話のやり取りが成り立つんです。

だからこういう人は、初対面がそれほど苦手ではありません。


ところが、関係が深まってくると、
少しずつ自己開示が必要になってくるんですね。

人間同士、接触時間や回数が増えていけば、
自ずと自分自身について語る時間も増えていきます。

つまり、自己開示を上手に、適宜していけることで、
良い関係が深まっていくともいえます。


この自己開示が苦手だったり出来ないと、
相手と関係が深まること自体が苦手だったり避けたくなります。



そこで、この両者を苦手から得意にできるポイントは次のことです。


1)初対面の人との会話が得意になるポイント

人間というものをもっと広く、そして深く知ることです。
人間をより広く、深く知ることで、その人の人間観も変わります。

根底にある否定的な人間観が肯定的になれば、
初対面の人の存在が脅威から友好的なものに変わります。


2)少し関係が出来た相手との会話が得意になるポイント

自分が思っているよりも、自己開示は受け入れられると知ることです。
これも同様に、人間というものをより広く、そして深く捉え直すのがカギ。

そして、自分がどういう人間かについても、
もっとしっかりと見つめ直すことも有効です。


自己開示が苦手だったり嫌だという人は、
自己概念(自分をどう思うか)がとても否定的です。

一人の人間は、様々な側面(感情・能力・価値観)を持っているものです。
自己を否定的に捉えがちな人は、概して狭い、偏った捉え方をしています。


カウンセリングや通信講座で、このような概念が肯定的になるのは、
自分や人間をそれまで以上に広く、深く知る機会を得るからです。

人間について新たな気づき、場合によっては悟りを得る。
これで価値観が大きく変わり、感情、行動もググっと変化します。


初対面を楽しみたい人、関係が深まる心地よさを味わいたい人。
ポイントは、人間を、そして自分自身をもっとよく知ることなんです。



人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<














雑談・会話の最も確かな上達法

-----------------------------
●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
-----------------------------


こんにちは、鈴木です。



「録音を聞かせてくれればわかります」


時々わたしは、こう答えます。
質問や相談を受けたときの答えです。


どんな質問かというと、人間関係の問題。

誰かとトラブルになるとか、
人間関係に自信がないとか・・・・

コミュニケーションに自信がないとか、
人からどう思われてるかが怖いとか・・・


そんな相談の際に、こういう質問をされます。


「鈴木先生、改善する方法はありますか?」
「コミュニケーションで悩む原因はなんでしょうか?」


実は、この質問には、一言で答えられるのです。

いえ、実際は解決する方法は答えられません。
ですが、解決方法を見つける方法は知っています。

それはなにか?


答えは会話を録音するという方法です。

その人の会話を録音してもらい、
それを聴かせて頂ければ、
だいたい問題点も改善点もわかります。


その人の聞き方や理解の仕方のクセ。
言葉の返し方、反応の仕方などの実態。

ここからその人の内面や感情の動きなど、
その問題の核心にも迫れます。


つまり、


実際にどうやっているのかがわかれば、
頭で考えているより、心理学の勉強にふけるより、
根本的な解決に早くつながるのです。


人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<













人間関係の悩み解消プロセスとは?

-------------------
あなたの人間関係悩み度チェック!
30秒でできるプロカウンセラー作成の心理テストで
あなたも解決への糸口がつかめる。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。

--------------------



こんにちは、鈴木です。



「自分のことをどう思ってる?」



あなたはあなた自身のことをどう思っていますか?
心の底で自分自身のことを、どんな人間であると思っていますか?


これ、意外にふだん、意識していないことが多いんです。
私の経験をちょっとお話しますね。


先日、あるセッションを受けてきました。
そのセッションにより、自分自身を内省する機会を持つことに。


自分の内面を見つめていく中で、いくつかの感情に気づきました。

その感情があることは、ぼんやりと自覚していましたが、
今回は鮮明に意識化できたことで、ずいぶんと自分の方向性が見えてきました。



例えばあなたが自己否定的な感情を抱えていたとします。
「こんな自分なんて」「自分はダメな人間だ」


こうした感情をベースに持っていると、やはり何事も否定的な反応になりがちです。

仕事を任されても「こんな自分に出来るんだろうか?」
誰かに褒められても「きっと社交辞令だ」「本当の自分はそんなじゃない」
何かにチャレンジしようと思っても「どうせまた失敗する」


ところが、私たちというのは、こうした感情をめぐらしているということに、
意外とはっきりは自覚できていないものなのです。

当人はわかっているつもりでも、ぼんやりとわかっているのと
はっきりと(鮮明に)自覚(意識化)できているのとでは、
思った以上に行動や思考に影響の差が出るんです。


ここでよく焦って悪循環に陥るパターンは、
自己否定感をすぐに肯定的なものに入れ替えようとするパターン。

あなたも覚えがありませんか?

前向き、建設的、肯定的な感情や思考は
明るく楽しく生きていくためには必要ですが、
やっぱり順番としては、先ず「知る」「気づく」が先。


「自分のことをダメな人間だと常に思っていたんだ」
「こんな自分は人に知られたくないと隠そうとしていたんだ」
「本当の自分を知られたら呆れられると思って警戒していたんだ」
「自分はまた失敗したくないとずっと焦っていたんだ」


先ずこうした自分自身の捉え方(自己概念)に気づくこと。
はっきりと自覚(意識化)することが先決です。

こうした否定的な自己概念に気づくということは、
その自己概念をちょっと冷静に外から眺めていることになります。

家の全体像は、家の中(屋内)にいるだけでは見えません。
でも、一歩家の外に出ると、その全体像を認識できますよね。

自己概念の認識もこれと同じです。


そして全体像を少し冷静に眺める(自覚する)時、
私たちは、この全体像をどう捉えようか・・・と考えます。

全体像を見て、何かを感じるものなんです。


「こんなに否定的に自分を見ていたのか」
「自分をここまで隠そうと必死になっていたのか」
「自分は失敗をこれほどまでに恐れていたのか」


ここで大事なポイントになることがあるんです。

何だと思います?

それは上記の表現でいえばここです。

「こんなに」「ここまで」「これほどまでに」というところ。
そう、重要なのは、その程度(どれほどなのか)に気づくことなんですね。


自分はどれほど自己否定的であったのか?
どんなに自分を窮屈にさせていたのか?

こうした実感が、あなたの感情に刺激になり、
心が動いたり、行動を変えようと思ったりする契機になるんです。

この感覚、おわかりになりますでしょうか?
ものすごく重要なポイントなんですね。


私はカウンセリングで、クライエントの方から、
このような「程度」を表す表現が出てきた時、
その表現をしっかりと押さえて言葉にしています。


例えば

「結局私は、自分に相当自信を無くしていたようです」


こういう表現をされた時には、

「ご自分で思った以上にかなり自信を無くしてたということですね」


ポイントは「相当」を「思った以上にかなり」で返しているところ。
「相当」とそのまま返してもいいのですが、
ここはそのままではなく、表現を変えた方が生きた表現になるところです。


この「思った以上にかなり」がクライエントにシックリいくものなら
「ええ、そうですね、これじゃあ何事も上手くいくわけないですし・・・」
と、更に自己洞察が進んだりするわけです。



こうして自分の内面に向き合っていくことで、
「それでは何とかしなければ」という気持ちが起きてきます。

そこで初めてその人は、建設的な自己概念を模索し始めるんですね。



人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<











自己実現に必要な2つの能力

-------------------
あなたの人間関係悩み度チェック!
30秒でできるプロカウンセラー作成の心理テストで
あなたも解決への糸口がつかめる。

今ならこちらからすぐにお試し頂けます。

--------------------


こんにちは、鈴木です。


「幸せに生きるために必要な力って?」


数多くのカウンセリングを通して、
様々な人たちの問題と向き合ってきました。

そんな経験から、幸せな人生を生きるために
必要なことは何かを考えるようになりました。


自分が幸せだなあと思える生き方。
感謝や充実感を覚える人生。

そんな人生を生きるために必要な力。
それは次の2つの力だと言うことができます。


1)対人関係能力(コミュニケーション)

様々な人と良好な関係を築く力。
多くの人たちから深く信頼される力。

それは、1にも2にも、
コミュニケーションの力です。

こうしたコミュニケーション力のカギは
感受性と人間性を磨いていくことです。


2)問題解決能力

人生では様々な問題やトラブルに遭遇します。
そんな困難の数々を乗り越え、
失敗を糧に幸せな人生を手に入れる。

そのためには、問題を発見し、
その解決方法を見つけ、実践する。

そして、その過程でのストレスに
粘り強く耐えて行動する。

こうした力が必要です。


まあ厳密にはいろいろな力が必要ですが
大きくいって、この2つの力さえあれば、
幸せな人生を守れると言ってもいいでしょう。


カウンセラーは、カウンセリングに訪れた方に
この2つの能力を身につけてもらうよう
様々な働きかけを行います。


つまり、アドバイスによる解決ではなく、
2つの能力を身につけ、その人の力で
難局を乗り切れるように成長してもらう。


それがカウンセリングの目標の一つ。


つまり、カウンセリングを受けたり、
カウンセリングのスキルを学ぶということは、
この2つの能力をマスターすることなのです。


私はカウンセリングを受ける方にも、
カウンセリングを学ぶ方にも、
この2つの能力を養って頂くこと。

これを念頭においています。



人間関係に自信がないけど自信をつけたい方。
継続的に取り組み、根本解決を図りたい方。

鈴木の個別カウンセリングを受けてみませんか?
>詳細はこちら<


>人間関係悩み相談公式ページ<














カウンセリングを学んで得た財産

-----------------------------
●たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
-----------------------------


こんにちは、鈴木です。


本当に良かったと思っています。

何が良かったかというと、
カウンセリングを学んだことです。


私はカウンセラーになろうと思って
それでカウンセリングを学び始めました。


ですが、カウンセラーになれたこともですが、
カウンセリングを学べたことそのものが、
本当に自分にとって良かったと思っています。


カウンセリングを私は
理論としてだけでなく、技術として、
そして人間教育として学びました。


いえ、学んだというより、
身につけたというべきでしょう。


お蔭で様々な人たちと
多様なコミュニケーションが
取れるようになりました。

人間関係の輪も広がるだけでなく、
関係を深めていけるようにもなりました。


パッと見の第一印象も
結果としてとても良くなったようです。


人生の中で起こる様々な問題に対しても、
その原因を発見し、対処できる能力も
カウンセリングで身につけました。


カウンセリングは自分にとって
大きな大きな財産となったのです。


もちろん、カウンセリングといっても、
誰から何を学ぶかが重要になります。


理論だけを机上で学んでも
おそらく何の力にもならなかったでしょう。

実際に人を目の前にして
どんな神経の働かせ方ができるか。

どのような反応、洞察、配慮ができるか。


カウンセリングはまさに、そんな
感受性・人間性の向上をもたらしました。


この私にとっての大きな財産。

カウンセリングという財産を
様々な方にお伝えしたいと思うようになりました。


カウンセリングの理論と技術を学び、
それに伴って感受性・人間性に磨きがかかれば、
あなたとあなたの人生は増々充実してきます。


仕事への取組み姿勢も変わり、
多くの人から深く信頼され、
様々な問題に対処できる能力を手にできます。


何よりも自分自身を深く信頼できる。
自分に対して、人生に対して自信を深められるのです。


そんな財産を私からお伝えする
カウンセリング心理学の基礎講座。

ただ今開講準備中です。


たった30秒でできる!
プロカウンセラー鈴木が作成した
悩み別 無料心理テスト&診断
今なら無料でできます。今すぐここをクリック
※携帯電話の方は受信設定にお気をつけください。

■メルマガに登録する

あなたはうつ病?うつ病チェックはこちらへ













心に響くメルマガと好評!

読者2600名突破!相談件数2122件を超えるプロカウンセラーの視点。
E-mail:
新たな視点で人間関係が良くなります。 人間関係の不安・ストレスとはおさらばです。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

鈴木雅幸(心理カウンセラー)

Author:鈴木雅幸(心理カウンセラー)
心理カウンセラーとして対人恐怖、神経症、人間関係の悩みについて専門的なカウンセリングを行う。また、人間関係・コミュニケーションのセミナー、ワークショップを随時開催。カウンセラーの育成・指導も行っている。

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。